30代はお肌の分岐点!年齢肌におすすめな泡洗顔でエイジングケア

30代はお肌の曲がり角と言われ、女性が肌トラブルについて深刻に考え始める時期です。

年齢肌にさしかかる30代は、これまでにない変化に悩むことが多くなり、肌の衰えを感じてしまう前に日頃のケアを見つめ直すことが大切です。

毎日のお手入れのなかでも、年齢肌に効果的とされているのが「泡洗顔」。

そこで今回は、30代の女性が抱える肌悩みと、おすすめな「泡洗顔」の魅力をご紹介します。

30代に起こり得る肌トラブル

20代の肌は弾力性もあり潤いに満ちた状態なので、肌トラブルと言ってもニキビで悩む人が多いかと思います。

しかし、30代を迎えると肌は徐々に変化を表し始め、20代の頃には見られなかった肌トラブルの症状が次々と出てきます。

シミ、くすみ

30代になると全身の代謝機能が低下し始め、肌の代謝であるターンオーバーの周期にも遅れが生じます。

ターンオーバーが乱れると、シミの元が排出される前に色素が沈着し、シミとなって皮膚に残ってしまいます。

それだけでなく、ターンオーバーが遅れると古い角質が溜まり、どんよりしたくすみ肌にもなります。

シワ(小ジワ)

30代からの年齢肌は、自ら油分や水分を補うことができなくなり、潤いを維持できない状態になっていくことで肌の乾燥が進んでいきます。

乾燥をそのままにしておくと、シミやシワ、ほうれい線ができる可能性が高まります。

たるみ、毛穴

30代は肌のハリを保つと言われる、コラーゲンやエラスチンが減っていきます。

この成分が減少すると肌がたるみ、老け顔に見えてしまいます。たるんだ皮膚に毛穴が引っ張られると、開き毛穴につながります。

また、ターンオーバーの乱れによる古い角質と分泌された皮脂や汚れが混ざって、詰まり毛穴になる恐れがあります。

30代からの年齢肌には泡洗顔がおすすめ

刺激を受けやすく、さまざまな肌トラブルを招く年齢肌にとって、見直すべき毎日の洗顔。

洗顔の一番のポイントとなるのが、肌に直接触れない美容法とも言われる泡洗顔です。

泡洗顔には、どのような効果やメリットがあるのでしょうか。

ゴシゴシ洗わないことで肌を守る

泡洗顔の効果として最も優れているのが、肌への直接的な刺激が少ないということです。

手で泡を転がすように洗うことで泡がクッションの役割を果たし、摩擦が軽減されます。

刺激に弱い年齢肌はゴシゴシこする洗い方をすると、敏感に反応してしまいます。

摩擦による刺激は、シワやシミになる原因を引き起こします。

さらに、ゴシゴシ洗いを続けていると、メラニンが増えてくすみや色素沈着などのトラブルへと発展します。

泡の力でやさしく古い角質を洗い流す

もちもちした弾力のあるたっぷりな濃密泡は、毛穴の奥まで汚れに吸着して古い角質を取り除き、詰まりにくい毛穴へと促してくれます。

肌のターンオーバーが正常に働いていると、肌の表面を保護している角質は自然と剥がれ落ちていきます。

ですが、年齢を重ねた肌はターンオーバーの働きが鈍くなり、古い角質が肌に残りがちです。

古い角質は、詰まり・黒ずみ・開きといった毛穴トラブルにつながることもあります。

無理に小鼻の汚れを取ろうと強くこすってしまうと、刺激が加わってより毛穴を開かせてしまう原因にもなります。

年齢肌に働きかける泡洗顔は、洗顔ネットでよく泡立てた泡でやさしく顔を包み込むように洗い、ゴシゴシ洗いはしないことが重要です。

肌に負荷をかけるような洗い方は肌を老化へと導くだけなので、顔全体になじませるような感覚で行うようにしましょう。

年齢肌の改善に特化した泡洗顔「クレイリッチフォーム」

30代からの肌ケアには、20代と同じ洗顔料を選ぶのでは意味がなく、本当に必要なものをしっかりと見極めることが必要です。

クレイリッチフォームはスキンケア効果が高く、一歩先のエイジングケアにこだわったワンランク上の泡洗顔です。

エイジングの素はしっかりと落としながらも、年齢とともに肌から失われていくヒアルロン酸やコラーゲンなどの美容成分も豊富に配合されています。

さらには、肌のたるみを防ぐのに有効な引き締め成分、美肌バリアを整えて肌環境を根本からサポートするラ・フローラまで、贅沢な成分が多く入っています。

高い保湿効果で、洗うたびにキメ細かくうるおいのある肌に育てる保湿型ビタミンC誘導体というこだわりの成分も配合で、透明感のあるツヤツヤ肌も期待できます。

極上なマシュマロ泡が特徴のクレイリッチフォームを使って、若々しい明るくクリアな肌を手に入れましょう。

エイジングケアができる洗顔「クレイリッチフォーム」はこちら

泡洗顔を続けて年齢に負けない肌へ

泡洗顔のカギとなるのは、濃密な弾性力に富んだキメの細かい泡です。

泡が細かくしっかりしていると泡自体の表面積も増えるので、肌トラブルの要因となる古い角質や汚れをなじませてすばやく落とす力もアップします。

肌に対して刺激を減らすことができる泡洗顔は、続けることで洗い上がりから肌のきれいさを感じられます。

年齢肌で悩まされている人は、ぜひ毎日のケアに泡洗顔習慣を取り入れて、美しい素肌を目指していきましょう。


冷水洗顔による毛穴の引き締めは期待されない!有効性が高い方法で毛穴ケアしよう

洗顔後に冷水でパシャパシャとすすいで毛穴を締める冷水洗顔。

美容方法の美肌効果としても紹介され、鼻の黒ずみや毛穴の開きで悩んでいる女性にとっては気になる洗顔方法です。

しかし実際のところ、本当に効果のある毛穴ケアなのか疑問に思ってしまうこともあります。

そこで今回は、冷水洗顔で開いた毛穴は改善されるかどうかの効果についてご紹介します。

冷水洗顔の毛穴引き締め効果は一時的、持続性はない

洗顔の仕上げとして冷たい水を使うと、開いた毛穴がキュッと引き締まり、毛穴が目立たない肌になるいう話は聞いたことがあると思います。

確かに冷水での洗顔には毛穴を引き締める効果があります。

ところが、その効力は一時的で30分程度と言われているんです。

冷たい水で洗顔をすると、短期的に毛細血管が収縮して筋肉が緊張することで縮む仕組みから、毛穴が引き締まります。

つまり、毛穴は冷やされると引き締まるというのは事実ですが、毛穴そのものが小さくなるわけではありません。

皮膚の温度が戻ってくると、徐々に毛穴も元の大きさに戻ってしまいます。

冷水洗顔は毛穴で悩んでいる人からすると、根本的な解決には至らない方法かもしれません。

ですが、夏など気温が高い日に行うと、ひんやりと気持ちがいい洗い心地を得ることができます。

冷水洗顔は肌トラブルの原因も心配される

冷水での洗顔は、一時的に毛穴を引き締める効力がある一方、デメリットのほうが大きくなる落とし穴もあります。

スキンケアコスメの浸透力が悪い

毛穴が締まるということは毛穴が閉じている証拠なので、洗い終わったあとの化粧水や美容液といった保湿ケアアイテムが、肌に浸透しにくい状態になります。

スキンケア化粧品の保湿成分が浸透されないと、肌の乾燥を招いてたるみが出てきたり、余計に毛穴を目立たせてしまう恐れがあります。

赤ら顔の可能性を高める

温かいお湯から冷たい水へと肌が急な温度変化を受けると、毛細血管が開いて血行不良から赤ら顔になってしまいます。

本来、血液の流れに乗って必要な栄養素がきちんと肌に届けられることで、きれいな肌を保つことができます。

しかし、血流が悪くなると肌のターンオーバーのサイクルが乱れて、肌トラブルを引き起こしやすくなります。

敏感肌は刺激が強い

冷水洗顔は温度の変化が激しいので、刺激に弱い敏感肌体質の人は負担がかかる場合があります。

肌荒れなどを起こしてしまう前に避けた方がいい洗顔方法かもしれません。

毛穴ケアにはぬるま湯洗顔とビタミンC誘導体成分

普段の洗顔のあとに行う冷水洗顔の効果は一時的なものと、デメリットも伴うため、効率の良い毛穴ケアとは言えません。

また、洗顔後のスキンケアを肌の奥まで浸透させるためにも、ある程度毛穴を開いた状態にしておくことが必要です。

効果のある毛穴ケアとしてまずは、冷水を使わない32℃前後のぬるま湯洗顔が適しています。

熱いお湯は乾燥肌やオイリー肌の原因にもなります。熱すぎず冷たすぎないこの温度が肌を守って、保湿ケアの浸透力もアップさせます。

その後のケアには、開いた毛穴の原因のひとつとも言える、皮脂詰まりを予防するビタミンC誘導体が配合されたスキンケアがおすすめです。

ビタミンC誘導体は皮脂コントロールの作用があるため、こまめにケアすることで、少しずつ毛穴を目立たなくしていくことができます。

洗顔には毛穴引き締め成分配合の、クレイリッチフォームを使おう

毛穴を引き締めるには、肌に影響を与えない洗顔が大切です。

洗う水温やその後のケアはもちろんですが、毛穴に効果のある洗顔料を使えば、美しい素肌に近づくことができます。

クレイリッチフォームには毛穴を引き締めて肌を整える成分が、6つも配合されています。

【6つの成分】

・ゴボウ根エキス

漢方でも使われる、血行促進や収れんパワーをもつハーブ。

・イラクサ葉エキス

豊富な栄養成分で、炎症やアレルギーなどをケアするハーブ。

・ハマメリスエキス

炎症を抑えて肌を引き締め、ニキビ肌におすすめのウィッチヘーゼル。

・ローズマリー葉エキス

王女エリザベート愛用の、奇跡のアンチエイジング化粧水「ハンガリアンウォーター」で有名。

・セージ葉エキス

長寿のハーブとも呼ばれ、毛穴を引き締め肌を整える。

・エブリコエキス

フランスでは薬としても使われ、毛穴を収縮し皮脂を整える働きをもつ。

毛穴引き締めに優れた成分配合の洗顔料クレイリッチフォームで、ツルンと輝く毛穴レスな赤ちゃん肌を目指しましょう。

クレイリッチフォーム公式サイト

有効な方法でやさしく毛穴を引き締めていこう

冷水洗顔は一時的にでも毛穴を引き締めたい人には、効果が見込める洗顔方法であり、朝のメイク前に取り入れると化粧ノリがよくなるメリットもあります。

残念ながら悩みの種となる、毛穴の開きを元から改善するには効果があるケアではありませんが、毎日効率的な洗顔やスキンケアを続けていくことで、肌の状態は徐々に変化していきます。

正しい毛穴対策を実践して、ストレスのない毛穴レス肌を手に入れましょう。





クレイリッチフォームで本当に肌悩みは解決するの?口コミから効果を見てみよう

30代になると、20代前半には見られなかった毛穴やくすみ、シミ、シワなど、キメの乱れを感じ、なんだか老けたようなと悩む女性は少なくないようです。

肌トラブル改善に良いとされる泡洗顔は最も効果的な洗顔です。

なかでも、汚れは落としながらも、透明感のある若々しい肌を手に入れることができると人気の「クレイリッチフォーム」。

そこで今回は、実際に「クレイリッチフォーム」を使った人の使用感を口コミでご紹介します。

クレイリッチフォームの商品情報

&simptyクレイリッチフォーム 100g(約1ヶ月分)

通常価格:4,800円(税抜)

割引価格:初回限定半額 2,400円(税抜)送料無料

お試し定期コース 2回目以降も20%OFF 特別価格:3,800円(税抜)

※初回限定キャンペーン

・「泡立てネット」プレゼント!

・30日間全額返金保証付き

クレイリッチフォームは、天然のミネラル成分をたっぷりと含んだ、泡立ちの良いケア洗顔料です。

ミネラル成分となるクレイは、普段の洗顔料では落としきれない毛穴汚れや余分な皮脂にすばやく吸着して落とします。

同時に肌に必要な皮脂はしっかりと残したまま、3種類のヒアルロン酸や2種類のコラーゲンといった美容成分でうるおいを与えるので、しっとりとすべすべな洗い上がりが実現します。

落とす+満たすスキンケアで、洗うたびに吸い付くような肌へ導きます。

ほかにも、古い角質をオフする天然AHA成分も配合で、くすみ知らずの肌作りをしてくれます。

さらに、肌には良くないと言われるものは一切使用していない無添加処方なので、毎日安心して使うことができます。

【無添加処方】

旧表示指定成分、動物由来原料、タール系色素、シリコン、合成ポリマー、合成香料、合成着色料、パラベン

引用:クレイリッチフォーム公式サイト

https://for-s-online.jp/lp?u=clay_ad_0016_cnhgf

クレイリッチフォームの使用感を口コミでチェック

クレイリッチフォームの評判はネットにたくさん飛び交っています。

泥洗顔はそもそも肌に良いのか、しっかり洗えるということは乾燥も招くのではないかなど、疑問の声を口コミで探ってみましょう。

【高評価の口コミ】

泡洗顔というワードに惹かれて購入。前までは市販の400円くらいの洗顔料を使っていましたが、何よりも泡の違いに感動しました。他社の製品とかでも宣伝にあるような泡はもこもこしていますが、実際にはそれほどもこもこしたものは作れないと思います。ですが、クレイリッチフォームは付属のネットで本当にもこもこ泡が作れるので、濃密な泡に間違いがなく、買ったときはびっくりしました。以降、クレイリッチフォームをリピートしています。(33歳|普通肌|★★★★★★★7)

お肌がカサカサでもこれは潤いがたっぷりだから、洗いやすい。クレイリッチフォームを使うようになり、どの洗顔を使ってもつっぱりがちだった肌がうるおうようになりました。なのに、しっかりとした洗浄の力で毛穴汚れは問題なく落ちています。くすんでいた肌も、だんだんと明るくなってきたような気がして嬉しいです。(32歳|乾燥肌|★★★★★☆☆5)

しっとりしているのにさっぱりしていて、泡立ちもよいので使用感は最高です。たった2cmくらいでモコモコな弾力のある泡になるので、洗い心地も気持ちよくて毎日の洗顔も楽しいです。泡切れがよく、洗った後も乾燥が気になる感じもありません。使い続けて肌が柔らかくなり、毛穴の黒ずみにも効果が出てきたかなと思っています。リピートしたい商品です。(34歳|混合肌|★★★★★★☆6)

1本使い切って2本目です。肌に一切刺激を与えずに、毛穴の中まで綺麗にしてくれそうなもっちり泡。洗顔ネットでくるくるするだけでヘタれない泡ができ、肌の汚れを吸着してシミの予備軍とも言えるものも消えてきました。(35歳|普通肌|★★★★★★☆6)

泡立てネットで簡単に泡立ち、肌当たりがとてもやさしいです。粘土のようなしっかりしたマシュマロ弾力泡で、宣伝通り逆さまにしても落ちません。1回目に使ったときは気持ちいいなーという程度でしたが、毎日使い続けていると毛穴が小さくなった気がします。すっきり洗えて効果を実感しつつあります。(31歳|乾燥肌|★★★★★☆☆5)

クレイリッチフォームの高評価の口コミで最も絶賛されている、泡立ちの良さ。

泡立ちの良さは洗顔料を選ぶための大切なポイントでもあり、少量でもっちり泡ができるのもクレイリッチフォームの最大の魅力です。

弾力のあるクッション性が高い泡によって肌への摩擦刺激は守られ、毛穴に溜まった汚れを浮かせて落とします。

【普通評価の口コミ】

クレイリッチフォームはネット併用で、とてももこもこの泡が作れます。洗っているときも気持ちがよく、くすみにしっかり効く感じがします。ただ、もっちりとした泡を作るのに少し時間がかかるので、忙しい朝にはあまり・・・と思ってしまいます。(30歳|乾燥肌|★★★★☆☆☆4)

洗い上がりは、私の肌だと特別しっとりともサッパリとも言えないちょうどいい具合です。肌のトーンも明るくなったなどの印象はなく普通でした。悪くはないけれど、この値段でリピートは少し考えてしまうかもです。(33歳|乾燥肌|★★★☆☆☆☆3)

1本使い切りましたが、洗ってすぐはくすみがなくなって顔色がよくなりました。泡も顔に乗せたらふわふわで、他の洗顔料を使うと物足りなく感じるくらい気持ちがいいです。毛穴の汚れもマシにはなってきた気もしますが、そこまで効果はという感じです。加えて、普通肌の人にはしっとり気味になるかもしれません。(30歳|普通肌|★★★★☆☆☆4)

クレイリッチフォームの効果をそこまでは実感できなかったというなかに、コスパ面や肌トラブルの改善までは至らないなどが見られました。

クレイリッチフォームは洗顔料としては価格が少し高めですが、肌に有効な成分が豊富なためクオリティが高い洗顔料です。

使い続けることで肌のターンオーバーを整え、美しい肌が育ちやすくなります。

【低評価の口コミ】

刺激がなく泡切れも良いです。洗い上がりもつっぱらない点は良いと思いました。保湿力は高いと感じましたが、小鼻の角栓がなくならなかったり、洗浄力はイマイチかもしれません。(31歳|普通肌|★★★☆☆☆☆3)

クレイのおかげで泡もかなり濃密で、洗顔後のすっきり感は好きです。ただ、ずっと悩んでいる毛穴へのアプローチはそこまで見られず、このコスパでこれじゃなきゃいけないという程のものではないです。肌のつっぱり感はないですがリピートはなしです。(34歳|混合肌|★★☆☆☆☆☆2)

口コミで好評だったのでクレイリッチフォームを購入。汚れを落とす力に効果が強すぎるせいか、洗いあがりがつっぱりすぎて乾燥してしまいました。汚れはちゃんと落ちるのに、乾燥肌の私には合わなかったのか残念です。(32歳|乾燥肌|★★☆☆☆☆☆2)

クレイリッチフォームの効果は残念ながらあまり得られなかったと低評価の口コミには、洗った後の肌が突っ張ってカサつくという意見もありました。

元々、洗顔後の肌は乾燥しやすい状態になっているので、洗顔後はすぐに保湿ケアをするのが大事です。

それでも乾燥するといった場合は、クレイリッチフォームが肌に合わないということかもしれません。

クレイリッチフォームは洗うエイジングケア

クレイリッチフォームの口コミはさまざまですが、新陳代謝がゆるやかになりがちな世代こそ、肌の生まれ変わりをサポートする優秀な洗顔料です。

贅沢な機能性を詰め込んだ進化した泡は、肌に負担をかけることなく継続するほどに効果が表れます。

香りを楽しむアロマテラピーの精油も含まれているので、洗っているときもストレスなくケアできるのも嬉しいポイントです。

濃密泡洗顔なのに洗い流す際の泡もスッとすぐ落ち、使った後はワントーン明るくみずみずしいモチモチ肌になります。

毛穴の黒ずみや開き、年齢によるシワやくすみなどが気になっている人は、ぜひ一度クレイリッチフォームを試してみましょう。

クレイリッチフォームで濃密泡洗顔

クレイ洗顔でニキビケア!天然ミネラル成分が悩ましい大人ニキビを改善

30代になっても繰り返す大人ニキビ。どうにか改善したいとまずは、スキンケアの根本となる洗顔から変えてみる人も多いのではないでしょうか。

ニキビ跡で悩んでいる女性のなかには、肌が汚いと思われているのではないかと人の視線が気になったり、夏でもマスクをして外出するなど、問題を抱えてしまう人もいるようです。

そのような悩みに人気なのが「クレイ洗顔」。

そこで今回は、大人ニキビやニキビ跡の改善に良いとされる、「クレイ洗顔」のニキビ効果についてご紹介します。

クレイは大人ニキビやニキビ跡に適した洗顔

10代でできる思春期ニキビは、男性ホルモンの影響で皮脂分泌が増えてしまうことが原因です。

一方で大人ニキビは、加齢に伴ってターンオーバーが乱れることで肌が乾燥したり、古い角質が毛穴に詰まりやすくなることが要因と考えられます。

詰まった毛穴に皮脂や汚れが溜まると、肌に常在するアクネ菌が増えてニキビを発生させ、悪化するとニキビ跡が残ってしまいます。

大人ニキビやニキビ跡を防ぐには、毛穴に蓄積された古い角質、皮脂や汚れをすっきり取り除くことが必要とされます。

そこで、効果改善に優れていると言われるのがクレイ洗顔。

クレイ洗顔は、天然ミネラルを豊富に含んだ粒子の細かい泥洗顔料で、吸着力によって古い角質を柔らかくし毛穴の詰まりを解消します。

天然ミネラル成分がニキビ肌へ働きかける

天然ミネラルは、肌細胞に浸透しやすいため、肌のターンオーバーを正常に機能させることができます。

天然ミネラル配合のクレイ洗顔を続けることでターンオーバーが整い、ニキビやニキビ跡の改善に導いて、ニキビができにくい予防にもつながります。

ニキビ跡はシミになる可能性もある

大人ニキビが炎症を起こして肌に残ったニキビ跡は、放っておくと茶色くシミになったり、クレーターや赤みを帯びる恐れがあります。

クレイ洗顔は、肌のターンオーバーを促進させるので、シミにも効力を発揮します。

また、バリア機能を助ける有効成分、ビタミンC誘導体が配合されたタイプを選ぶことも、ニキビ跡のシミや赤みを改善するのに大切なポイントのひとつです。

ニキビに働くクレイの種類

クレイ洗顔は、毛穴に詰まった汚れなどをすっきり落とすことでニキビを防ぎますが、クレイのなかでもニキビに効力が高い種類があります。

グリーンクレイ

グリーンクレイはほかのクレイと比べても、肌にミネラルを浸透させることに効果が高いです。

毒素や汚れの吸収率にも優れており、デトックス効果や殺菌・抗炎症作用があることから、ニキビ肌に有効に働きます。

モンモリロナイト

モンモリロナイトはナノサイズの超微粒子なので、毛穴のすき間まで入り込み、酸化した皮脂や汚れに吸着してニキビ菌を減らします。

また、海沼ミネラルも多く保湿力が高いため、水分を逃がさずに乾燥を防いでくれます。

しかし、効果作用が強いクレイでもあり、最初からモンモリロナイトのみだと肌状態によっては、カサカサになる可能性もあるので注意しましょう。

良質な吸着性をもつクレイリッチフォームがおすすめ

クレイリッチフォームは、高品質な3種類の天然クレイがオリジナル配合された商品です。

ベントナイト・カオリン・モロッコ溶岩クレイが、ニキビのもととなる皮脂や汚れにしっかり吸着して洗い流します。

バリア機能を高めて保湿するビタミンC誘導体成分も入っているため、乾燥も防いでシミにも効果的です。

クレイリッチフォーム洗顔の詳しい記事はこちら

さらに、肌に悪いと言われる合成界面活性剤も含んでいないので、毎日安心して使えるのも魅力です。

クレイリッチフォーム公式サイト

クレイ洗顔を続けてニキビ肌から抜け出そう

クレイ洗顔は天然のミネラル成分によって、毛穴の皮脂、汚れ、菌をマイルドに洗浄し、大人ニキビの進行を止めてニキビ跡も自然に改善へ導きます。

大人ニキビはなかなか治りにくい肌トラブル問題ですが、洗顔料に気を配ることで徐々に回復しきれいな肌を取り戻せます。

洗顔料の見直しのほかにも、洗う際のこすり洗いは避けたり、洗顔後はしっかりと保湿を行うなどして、ニキビ対策に努めましょう。

水だけ洗顔は乾燥肌と敏感肌におすすめな洗顔法!朝と夜で使い分けるべき理由

多くの女性は、朝・夜と洗顔フォームで皮脂や汚れを取り除きながら顔を洗っていることと思います。

ところがそのなかには、「30代になってからニキビができやすくなった」「乾燥が悪化した」などと感じている人も少なくないようです。

もしかすると、その肌トラブルの原因にあるのは、洗顔フォームでの洗顔にあるかもしれません。

洗顔方法の1つと言える水だけ洗顔は、肌質にもよりますが、肌本来の美しさを引き出す美容法でもあります。

そこで今回は、きれいな肌になるために知っておきたい、水だけ洗顔の魅力と行うタイミングについてご紹介します。

水だけ洗顔がもたらす肌に優しい効果

洗顔フォームを使わず、ぬるま湯で洗い流す水だけ洗顔。

水だけの洗顔は、洗顔後のケアも控える必要があり、逆に肌荒れしそうと不安に思ってしまう人もいるでしょう。

肌に負担をかけない水だけ洗顔は、効果的な方法でもあります。

肌本来のターンオーバーを活発化させる

肌はターンオーバーという生まれ変わりにより、表面の古い角質を新しい肌へ押し出す再生力をもっています。

しかし、洗顔フォームなどの刺激が加わると肌のターンオーバーが乱れて、古い角質で毛穴をふさぎ、肌荒れが起こりやすくなります。

肌は本来、自らの力できれいになろうという治癒力が備わっているため、洗浄力の弱い水だけ洗顔であれば、肌のターンオーバーが活性化され、自然再生力と治癒力の高まりから美しい肌を保つことができます。

皮脂の過剰分泌を避ける

皮脂には肌表面を守る役割があります。ところが、洗顔フォームでの洗顔は、必要な皮脂まで洗い流してしまう可能性が高いことから、肌の油分が奪われてしまいます。

そして、必要な皮脂を補おうと急いでたくさんの皮脂が分泌されると、ニキビや肌荒れなど、肌トラブルの要因につながります。

水だけの洗顔であれば、肌にとって余計な皮脂だけを洗い流すことができるため、必要な皮脂は逃げずに潤いをキープします。

乾燥肌と敏感肌の改善に働きかける

水だけの洗顔方法は、上記で述べたような効果から向いている肌タイプがあります。

乾燥肌

肌が乾燥する人は洗顔フォームで洗うと、皮脂の落としすぎにより肌の潤いがなくなります。

また、乾燥はニキビをつくる原因にもなり、洗顔後の肌のつっぱりも洗いすぎによるものです。

水だけ洗顔なら、必要最低限の潤いは残したまま乾燥を防ぐことができます。

敏感肌

肌が敏感な人は乾燥も起きやすく、洗顔フォーム自体の界面活性剤などが肌に刺激となり、肌荒れがひどくなるケースがあります。

水だけ洗顔であれば、洗顔フォームの影響による刺激や摩擦による刺激もほぼないので、肌への負担が軽減されます。

このように水だけの洗顔は、洗いすぎを防いで、肌の水分量と油分量を適切に維持することができ、刺激から肌を守ります。

肌質に対して、洗顔フォームを使用しての洗顔では得られないメリットがあるのです。

水だけ洗顔は朝だけ、夜は洗顔フォームで洗浄

水だけの洗顔が肌にいいと言っても、すべての洗顔を水だけにするのは逆効果になってしまいます。

肌にはバリア機能を高め、皮膚に良い作用をもたらす、美肌菌が存在しています。

美肌菌を増やすには洗いすぎないことが大切ですが、反対に毛穴や角層に汚れが残っていると、雑菌が繁殖して美肌菌が減ってしまう恐れがあります。

つまり、日中に蓄積された余分な皮脂や汚れは、洗顔フォームできちんと落とすことが必要とされます。

特に女性は、メイク汚れが肌に残りやすいこともあるので、クレンジング料でよく落として肌ケアに努めるようにしましょう。

洗顔でのスキンケアは、美肌菌の増えやすい環境をつくるため、朝は水だけの洗顔、夜のみ洗顔フォームを使った洗顔が適しています。

また、水だけ洗顔を始めてすぐは、肌がいきなりスキンケア用品を使わないことに慣れておらず、リバウンドと呼ばれる好意反応を起こすことがあります。

リバウンドは、角質やかさぶたがポロポロと剥がれ落ちていく症状が見られますが、あくまで一時的なものです。

むしろこれは、肌質がつるんと生まれ変わっている証拠とも言えます。

症状がひどい時には皮膚科医に相談したほうがよいですが、あまり心配しすぎないようにしましょう。

洗顔は毎日の肌に最適なクレイリッチフォームを使おう

洗顔フォームでの洗顔は、水だけでは落ちない汚れをしっかり洗い流しながらも、肌に刺激を与えない潤いのあるものを選ぶのが的確です。

そんなすべての条件を備えているクレイリッチフォームは、洗顔の基本となる泡立ちも良く、弾力のある特別な泡がやさしく落として潤いをキープする特徴をもっています。

クレイリッチフォームは良いものは残して悪いものだけを落とすという、おすすめな洗顔フォームなんです。

しっかり落として潤いはそのまま残すクレイリッチフォーム

洗顔習慣を見直して肌を整える

水だけ洗顔は、洗顔フォームやスキンケア用品を使ってケアしてきた人にとっては勇気のいるお手入れ方法です。

肌は洗いすぎると弱くなったり、些細なことでも敏感になりやすく、水だけ洗顔が肌に合わない人もいます。

また、水だけ洗顔が肌に慣れるまでにも時間がかかり、ある程度続けなければ効果もなかなか実感できません。

ですが、日頃のケアで肌トラブルが改善されにくい人は、コツコツと習慣づけることで肌状態の回復が見込めます。

水だけ洗顔を行う場合は、自分の肌質と向き合いながら実践しましょう。

乾燥肌の悪化は敏感肌をつくる!うるおいチャージで健康肌を保とう

季節に関係なくヒリヒリやピリピリ、かゆみなど、肌に違和感を感じている女性は少なくありません。

肌は年齢とともに変化し、特に30代以降は肌の代謝が下がって乾燥も進んでしまいます。

さらに、ほんの些細なことでも肌は敏感になりやすく、毎日のセルフケアや対策が大事になります。

そこで今回は、乾燥肌と敏感肌の原因と対処方法についてご紹介します。

乾燥肌と敏感肌を引き起こす原因はバリア機能の低下

肌は表皮、真皮、皮下組織と3層から形成され、表皮に存在する薄い角質層に0.02ミリというバリア機能が備わっています。

バリア機能は、細胞間脂質や肌内部の水分などを保つ働きと、環境要因の紫外線やほこり、細菌やウイルスなどをブロックする役割をもっています。

しかし何らかの影響で、角質細胞のひとつであるアミノ酸系の天然保湿因子、細胞間脂質のコレステロール・セラミド・脂肪酸などが減ると、細胞をつなぎとめる力が弱まります。

そうなると、バリア機能が低下して肌の水分はどんどんと逃げていき、乾燥肌や敏感肌を引き起こしてしまうのです。

乾燥肌はかゆみとも隣り合わせの関係である

肌の乾燥をそのままにしておくと、アレルゲンや刺激物質が入り込んで角質層がはがれ、かゆみ症状が表れます。

かゆみは皮膚への刺激に対し、肥満細胞から放たれるヒスタミンをはじめとして、いろいろな細胞で作られるかゆみ物資が神経線維を通り、かゆみとして脳に伝達されます。

一度かゆいと感じると、何度もかき続けるという悪意循環を繰り返して、しっしんになる恐れがあります。

乾燥肌がエスカレートして皮膚疾患になる前に、十分に保湿するなどケアを怠らないようにしましょう。

乾燥肌や敏感肌はバリア機能が大きく関係しますが、そのバリア機能が低下する要因に次のようなものがあげられます。

乾燥肌と敏感肌のバリア機能を低下させる要因

皮膚のバリア機能を低下させる要因として、ひどい乾燥によるものが最も多いとされています。

乾燥は敏感肌を招く大きな原因ともなり、元から乾燥肌という人にとっては厄介な問題です。

乾燥は空気が乾いている冬だけでなく、夏でもエアコンにより乾燥状態をつくるので、肌のバリア機能が低下しやすくなります。

それ以外にも、お風呂上がりや洗顔後のケアをすぐに行わずに水分が失われるなど、シーズンを問わず肌が乾燥するきっかけは多いにあります。

その他の要因には、いったいどのようなものがあるのでしょうか。

乾燥肌の要因

ターンオーバーの乱れ

皮膚の新陳代謝ターンオーバーはバリア機能と関係性が深く、正常な周期によって新しい細胞へと入れ替わることで、バリア機能が保たれ健康な肌を維持しています。

しかし、ストレスや睡眠不足、偏った栄養といった生活習慣の乱れからターンオーバーが不規則になると、体内のバランスが崩れて水分も外へ出ていってしまいます。

特に食事は、身体の内面から免疫力を上げてくれるので、肌荒れを起こさないためにも大事な要素となります。

ビタミンB群は、ターンオーバーをコントロールして正常に促す働きがあるので、積極的な摂取がおすすめです。

敏感肌の要因

加齢

年齢を重ねると個人差は出てきますが、表皮や真皮は薄くなっていきます。

それに伴って、肌の水分、セラミド、コラーゲンなどの弾性繊維も減少して弾力を失います。

また、メラニン細胞の数も減るので、紫外線のダメージをダイレクトに受けやすくなります。

体質

もともと肌が弱い人、アレルギーやアトピーなどといった症状がある人は、敏感肌になってしまうケースがあります。

症状が改善に向かうと、肌の調子も整っていくことが多いようです。

ホルモンバランスの変化

女性ホルモンは健やかな肌を保つために重要な役割をしていますが、ストレスや疲れから簡単に崩れていきます。

ホルモンバランスは月経や妊娠、出産などでも大きく変わり、放っておくと肌の状態は不安定になっていき、敏感肌も加速してしまいます。

このように毎日の生活のなかで、バリア機能が低下するさまざまな要因から、乾燥肌や敏感肌になる可能性はたくさんあります。

ところが、自分は乾燥肌?敏感肌?と自覚がない人や、わからない人もいるのではないでしょうか。

次のチェック項目で、乾燥肌・敏感肌タイプに当てはまるかどうか、診断してみましょう。

【乾燥肌の特徴】

・入浴後や洗顔後に肌がつっぱる

・全身がカサカサする

・ヒリヒリする

・白く粉を吹いたりかゆくなる

・化粧ノリが悪い

乾燥肌は、肌の水分が足りずに皮脂の分泌が低下して潤いがなくなっている状態で、ドライスキンとも呼ばれています。

【敏感肌の特徴】

・ピリピリとしみることがある

・カサカサと乾燥しやすい

・赤みが出たりかゆくなりやすい

・刺激に弱い

・ニキビができやすい

敏感肌は、乾燥といろいろな刺激によって過剰に肌が反応して、肌トラブルを起こす状態です。

上記のチェック項目に当てはまるという人は、高い確率で乾燥肌や敏感肌タイプと言えます。

ですが、予防や対策をしっかりと行っていくことで、改善の兆しが見えていきます。

乾燥肌と敏感肌を予防するコツ

キメが荒いタオルでの擦りすぎはやめよう

キメが荒く硬いナイロンタオルやアカスリタオルなどで擦りすぎると、必要以上に皮脂を落としてしまい、かえって肌は乾燥しダメージを受けます。

角質層を傷つけないために、やわらかいボディタオルや手でやさしく洗うようにしましょう。

お風呂は40度以下のぬるめのお湯につかる

熱すぎる湯のお風呂は、肌にとって必要な脂質を奪い乾燥の手助けをします。体温が上がることで、からだのかゆみが増してしまうこともあります。

適温とされる温度は38度~40度、この温度でゆっくりつかると血行が促進し、全身をリラックスさせる効果で疲れもとることができます。

ただし、肌を守るためつかる時間は10分くらい、からだを温めすぎないことがポイントです。

入浴剤を選ぶときにも、保湿効果に優れた成分のものを使うようにしましょう。

入浴後はすぐに保湿ケアを行う

お風呂上がりの肌は、水分を含んで浸透と吸収率が高まっています。

柔らかくなっている肌への保湿ケアは最適なタイミングなので、水分が失われていく前に、油性成分配合の保湿剤でしっかりケア対策をしましょう。

スキンケアはまちがった方法で行うと肌を傷つける

スキンケアに欠かせない洗顔ですが、力を入れてこまめにゴシゴシ洗ったりすすぎ残しがあると、肌にダメージを与えます。

ゴシゴシと擦り洗いは角質層の表面を傷つけ、すすぎ残しは肌に残った洗浄成分が、かゆみや炎症を起こしかねません。

洗顔はたっぷりの泡で包むように行うのが適切です。

やさしく泡立てた濃密な泡は、皮膚のキメのあいだに入り込んで汚れを落とし、摩擦から肌を守ります。

他にも、「クレンジングシートで強く擦る」「化粧水を塗るときは肌をたたく」「毎日欠かさずシートマスクでスペシャルケアをする」なども、肌に負担がかかり逆効果を生んでしまいます。

化粧水や美容液などの洗顔後のスキンケアは、やさしく手のひらに馴染ませてから、肌への摩擦を最小限にとどめましょう。

肌へ刺激とならない洗顔フォームを選ぶ

デリケートな肌には、できるだけ低刺激成分が配合されているものを選ぶようにして、まずは成分表示をチェックするようにしましょう。

ワセリン、アルコールやエタノール、防腐剤、香料などは刺激性の強い成分で、肌が過敏に反応する恐れがあります。

なかでも、界面活性剤は洗浄力が強い成分のひとつであり、すべてのものではありませんが、肌に悪影響を及ぼす見込みが高いです。

肌の汚れをすっきりと洗い流すには必要な成分ですが、合成成分が入っていない無添加タイプや、オーガニックの原材料が使われたものを選ぶと肌への心配も少なくなります。

セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸など、洗い上がりがしっとりするものを選ぶのもかなり重要なポイントです。

コラーゲンやヒアルロン酸、保湿成分たっぷりの洗顔料について

日常生活から肌環境を整える

乾燥肌や敏感肌は、皮膚のバリア機能が低下することで起こります。

敏感肌の原因ともなる乾燥は、保湿をしてもまた乾燥した肌をつくり出すという、負のスパイラルに陥ってしまうこともあります。

毎日のちょっとした習慣を意識したり、ケア方法を見直すだけでも肌環境は改善していきます。

洗顔方法に気を配ることはもちろん、冬はエアコンと加湿器の併用、無理なダイエットは避けバランスの良い食生活を心がける、細胞が再生される夜間には十分な睡眠をとるなど、できることからコツコツと実践することが、肌トラブルをなくすカギです。

また、しっしんや赤みの症状がひどいときには、皮膚科や医療機関に相談するようにしましょう。

クレイリッチフォームは魔法の洗顔!洗うケアで素肌を根本からお手入れ

いつまでも透明感のあるフレッシュな肌を保つには、毎日の洗顔でエイジングの素をきちんと落としきることが大切です。

洗顔料選びはとても重要なポイントとなり、肌の悩みに対して、満足がいくような性質をもったものを選ぶ必要があります。

クレイリッチフォームは洗うだけでエイジングケアができ、肌トラブルを解消するのでおすすめと好評のスキンケア商品です。

そこで今回は、クレイリッチフォームの優れた特性についてご紹介します。

クレイリッチフォームはこんな肌トラブルにおすすめ

・黒ずみ、皮脂や毛穴汚れが気になる

・洗顔しても洗い上がりにスッキリ感がない

・顔色がくすんでパッとしない

・丁寧なケアをしているのに乾燥がよくならない

・肌がガサついてファンデーションのノリが悪い

どれかひとつでも気になる肌の悩みがある人は、クレイリッチフォームを使用することで改善が望めます。

美しい肌を目指す女性から支持されているクレイリッチフォームは、いったいどのようなことに優れているのでしょうか。

クレイリッチフォームは「濃密泡」が最大の魅力

クレイリッチフォームは次世代の洗顔とも言われるほど、特別な泡が素肌をしっかりサポートします。

毛穴に詰まる皮脂やメイクの汚れ、くすみの原因となる古い角質、肌老化を引き起こす大気汚染物質は、普通の洗顔ではなかなか落とすことがむずかしいです。

クレイリッチフォームは、もっちもちのキメ細かい弾力泡をつくることで、「毛穴汚れ」「くすみ」「ザラつき」といったエイジングの素まですっきり洗い流すことができます。

さらに、洗い流すだけでなく、潤いまでも続くうれしい洗顔料なんです。

クレイリッチフォームの特徴

泥の吸着力により余分な汚れを洗い流す

クレイリッチフォームには、黒ずみの素にもなる毛穴の詰まりを洗浄するミネラル成分がたっぷり入っています。

オリジナル配合の3種類の天然クレイが、その効果を存分に発揮します。

吸着力が高いベントナイト、皮脂汚れを取り除くカオリン、ミネラルを多く含むモロッコ溶岩クレイと、粒子の細かい天然クレイが毛穴の奥から汚れに吸着してきれいにします。

古い角質をオフしてくすみをなくす

クレイリッチフォームには、ビルベリー・サトウキビ・サトウカエデ・オレンジ・レモンといった、植物をブレンドした天然AHA成分が含まれています。

ピーリング効果で古い角質をやさしく落とすので、くすみが取れてワントーン明るい肌へ導きます。

大気汚染物質から肌を守る

肌の老化は8割が、大気汚染(排気ガスやタバコの副流煙・PM2.5・花粉)、紫外線、ストレスなど、環境によるダメージと言われています。

クレイリッチフォームには、肌の老化の原因となる外部刺激を洗い流す、植物性マルチクリア成分が配合されています。

バリア機能にアプローチするシトラスフラボノイド、肌の保護力を高めるアロエポリフェノール、紫外線によるダメージを防ぐブロッコリースルフォラファンが素肌をリセットします。

肌をサポートして美肌を保つ

クレイリッチフォームには、洗顔しながらも必要な水分や潤いを補う、ヒアルロン酸とコラーゲンが配合されています。

肌の潤いを守りながら潤いを与えるので、ハリやみずみずしさなど、洗うたびにしなやかさが期待できます。

一歩先まで踏み込んだ守るエイジングケア

さっぱりなのにしっとり「保湿型ビタミンC誘導体」

肌の水分保持力の80%を担っているセラミド。

潤いある肌には必要不可欠な成分とされ、セラミドの数が多いほど刺激や異物が侵入しにくく、キメ細やかな潤いのある肌に育てます。

クレイリッチフォームには、セラミドを支える保湿型ビタミンC誘導体“セラミドプロモーター”が配合されており、紫外線などによる肌ダメージにも負けません。

自らバリア機能を上げる「ラ・フローラ」

肌にも1兆を超える常在菌が存在しており、そのなかの美肌菌といわれる肌の善玉菌がバリア機能に大きく関わっています。

美肌菌は歳を重ねるほどに、皮脂を分解して潤いを生み出す力が減っていきます。

そこで今注目を浴びている美容成分が、塗る乳酸菌「ラ・フローラ」。

肌自体のバリア機能をアップさせるので、潤い続ける肌へ整えます。

クレイリッチフォームは肌トラブルにアプローチした洗顔

クレイリッチフォームは「落とす」「満たす」「守る」にこだわり、肌の生まれ変わりに特化した洗浄成分と美容成分たっぷりの洗顔料です。

こすらずに汚れを落とすことができて洗い上がりは全然つっぱらない、これまでの洗顔とは違う高級美容液ほどの効果が見込めます。

また、心がほっとする癒しの天然アロマも配合しているので、リラックス気分も同時に味わえます。

少しでも肌に悩みを感じている人は、クレイリッチフォームを使ってツヤのある明るい健康な素肌を手に入れましょう。

クレイリッチフォーム公式サイト

グレープフルーツは「美肌」の強い味方!摂取すべきタイミングの大切さを知ろう

果物はビタミンCがたっぷりなことから「ビタミンC=肌に最適」と真っ先に思い浮かぶ人が多いことでしょう。

ビタミンCのなかでも、グレープフルーツは1年中売られているので、毎日デザートとしても手軽に摂ることができます。

ところが、グレープフルーツは美肌への働きの一方で、食べる時間に大きな落とし穴があり、シミやシワができやすくなる場合があるんです。

そこで今回は、グレープフルーツと肌の関係についてご紹介します。

グレープフルーツはきれいな肌作りに効果的

グレープフルーツは1個食べるだけで、必要摂取量が補える優秀な食べ物です。

グレープフルーツにはビタミンCが豊富に含まれているため、シミやシワ、そばかすを防止し、美白へ導くといった肌をきれいにする働きがあります。

ビタミンCの特徴である抗酸化作用は、コラーゲンの生成を助けて、シミやシワ、肌のくすみやたるみなど、すべての肌トラブルの原因となる体内の活性酵素を排除します。

また、メラニンを作り出すチロシナーゼの働きを抑えて、美白サポートも期待できます。

抗酸化作用は美肌作りには欠かせないものですが、実はグレープフルーツ以外に、りんごにも多く含まれています。

りんごポリフェノールによる美肌効果

それほどグレープフルーツが美肌に効果があるのであれば、毎日朝食代わりに摂り入れようと思っている人や、すでに行っている人もいるかもしれません。

しかし、グレープフルーツは見極めたタイミングでの摂取が重要で、肌を老化へと追い込む恐れもあります。

朝ご飯にはNGなグレープフルーツ

果物は、ビタミンのたっぷりさとヘルシーさで肌にも良いことに加えて、エネルギーにもなりやすいので、朝ご飯にピッタリと思っている人も多いのではないでしょうか。

実は果物には、光を浴びることで肌にダメージを与えてしまう光毒性物質「ソラレン」が含まれているものがあります。

この肌の大敵ともなる「ソラレン」は、果物のなかでグレープフルーツが一番多いと言われています。

「ソラレン」は紫外線に弱いので、日焼け止めや紫外線対策をしても、紫外線の吸収率には追いつけずに肌を守りきれなくなります。

つまり、「ソラレン」を摂取してから紫外線に当たると、肌にかゆみや赤みが出たり、シミやシワをつくってしまう可能性があるのです。

「ソラレン」のこの働きは、摂取して2時間ほどでピークをむかえ、7時間は持続するので、排出までは時間がかかります。

グレープフルーツは食べる時間帯さえ気をつければ何の問題もありません。

朝ご飯にグレープフルーツを食べてしまうと、日差しを浴びる時間から、通常よりも紫外線を肌に浴びさせることとなるので要注意です。

グレープフルーツは夕方から夜に摂ることで、美白や美肌へ存分に効果を発揮します。

グレープフルーツはスキンケアでも大活躍

グレープフルーツは皮から抽出した精油、「グレープフルーツ果皮油」としても肌に良い効果を生んでいます。

アロマテラピーの精油は、美容や保湿、エイジングケアの効果も高いので、洗顔料や基礎化粧品、アロマオイル、ハンドクリーム、頭皮ケアアイテムなどと、さまざまなスキンケア用品に配合されています。

また、「グレープフルーツ果皮油」は肌のほかでも優位に働きます。

グレープフルーツの香料成分リモネンによって、心と体をリラックスさせる効果や、血液の巡りを良くすることでむくみやセルライト対策にも有効です。

グレープフルーツ果皮油のリスク

グレープフルーツの果実には、光毒性のソラレンが含まれているとお伝えしましたが、もちろん、アロマオイルなどの精油にも含まれています。

果皮には「フラノクマリン」という光毒性成分があり、安全性が不安視されます。

ただし、グレープフルーツ果皮油が光毒性をもたらす精油濃度は4%に対し、通常で使う精油濃度は1%以下なので、過度に心配する必要はありません。

グレープフルーツは成分を理解して上手に付き合おう

グレープフルーツは栄養価も高く、肌美人になるためのサポートにも非常に効力があります。

特に女性は、美肌のためにと1日の始まりの朝食に、グレープフルーツをそのまま食べたり、ヨーグルトやスムージーにする人もいます。

しかし、朝食で摂ったあとに外出すると、美肌どころか紫外線の感受性を高めて肌の老化を促してしまいます。

美肌キープには、グレープフルーツに含まれた成分の働きをしっかり理解することが大切です。

スキンケア商品からもチャージして、外側からも内側からもきれいになりましょう。


夕方のくすみ肌はその日のケアで変わる!どんより顔の原因から紐解く改善方法

夕方、自分の顔を見てみると、朝とはまるで別人のように変わっていると、びっくりしたことはありませんか?

このような様子は、さまざまな要因からなる「くすみ」が関係していて、ひどくなると老け顔までもつくってしまうのです。

最近では、20~30代の女性たちのなかで悩んでいる人も増え、非常に厄介な問題です。

そこで今回は、夕方にかけて目立つ肌のくすみについて、原因に合った改善方法をご紹介します。

夕方のくすみはメイク直しでは回避できない

朝のメイク後は血色も良く肌にツヤもあるのに、夕方になると明らかに変わる肌の様子。

顔色のトーンが暗く見える、肌本来のうるおいやハリがなくなっている、目の下が落ちくぼんでいる状態は、肌がくすんでいる証拠です。

くすみは、ほかの肌トラブルとは異なり自覚しにくいこともあります。

肌がくすんでいると、メイクも映えなくなり、疲れているような印象を与えてしまいます。

このように、夕方になると顔が疲れたようにどっと老け込むことを「夕方老け」と言う人もいます。

多くの女性はこういった場合、メイク直しをすれば解消されるだろうと思っているようです。

ところが、なんらかの原因によってくすんでしまった肌は、メイクを直しても、朝メイクをした時のような元の状態には戻らないため、きちんと原因を知り対策をすることが大切なのです。

夕方に近づくと肌がくすむ原因

朝はなんともないのに、なぜか夕方になってくると出てきてしまうくすみ。

鏡で自分の顔を見るたびに、がっかりする人も多いことでしょう。

夕方のくすみはいくつかの原因によって起こり、くすみの目立ち方にも少し違いがあります。

血行不良、からだの冷えで起こるくすみ

朝からずっと長い時間同じ姿勢で仕事や作業を行っていると、血液の流れが悪くなります。

特に、オフィスでのデスクワーク、パソコン業務をしている女性に多く見られ、夕方には疲れも溜まってきます。

血流が悪いと、末端組織の毛細血管にまで栄養分や酸素、血液が十分に行き届かなくなります。

そうなってしまうと、肌の組織と細胞に栄養が運ばれにくい状態になり、肌がくすんできてしまいます。

ほかにも、基礎代謝で温められた血液が、身体の隅々にまで行き渡る前に血液が冷えて、うまく体温調節ができないまま体が冷え、ますます血流が悪くなることがあります。

そうなると、目のまわりが黒ずんだり、目の下のクマが目立つタイプのくすみになってしまいます。

乾燥によって水分量が減ることでくすむ

オフィスや室内はエアコンが1日中ついていることが多く、エアコンの影響から肌の水分が失われて乾燥を招きます。

さらに、エアコンの風を直接受けていると乾燥は悪化し、冬は外の空気そのものも乾燥しているので、乾燥の環境が増してしまいます。

乾燥した環境は乾燥肌にもなり、肌荒れを起こしたり、肌の表面がデコボコとキメも乱れていきます。

また同時に、小ジワや毛穴が気になったりもします。

朝の肌はスキンケアによってうるおされているものが、保湿をしないまま乾燥した場所にさらされた肌は水分の低下から、透明感のないくすみになります。

メラニン色素が体外に出ていかないことによるくすみ

乾燥肌で成熟しきれていない角質があると、日中は透きとおりがないせいか、肌のなかのメラニンが見えにくくなっています。

しかし夕方になると、乾燥から肌を守ろうと皮脂が過剰に分泌されて、角質層に潤いが生まれることから肌に透明感が出る場合があります。

そうした結果、ずっと隠れていたメラニン色素が薄いシミというかたちで現れて、夕方に出るくすみとなってしまうのです。

このくすみのタイプは稀ですが、ターンオーバーの遅れなどから、メラニンが排泄されにくくなっていることに関係します。

肌の酸化によるくすみ

肌のなかでもTゾーンは、皮脂が過剰分泌されるところです。

特に夕方になると、Tゾーンから分泌された皮脂は、長時間の空気との接触により黒く酸化しやすくなります。

ファンデーションなどの化粧品に含まれる油分も同じく酸化し、地肌よりも濃い色に変化することでくすみが目立ってしまいます。

夕方のくすみをなくす改善方法

くすみの原因がなにかを突きとめ、早めに対策を練ることで、少しずつですが、夕方のくすみを解消することができます。

オフィスにいる間でもできる対処法にはどのようなものがあるのか、見ていきましょう。

ストレッチで血行を促進させる

一日同じ体制でデスクに座ったままの状態は、身体が凝り固まってしまいます。

お昼休みなどに軽くストレッチしたり、1時間に1回ほど脚を動かすようにして血流を良くしましょう。

また、お腹や下半身を冷やさないようにすることも大切です。

お腹まわりは全身の血液が集まってくるので、お腹が冷えると身体も冷えて顔色も悪くなってしまいます。

太ももは血流が多く、温めることで全身に血がめぐります。

ブランケットやカイロなどを上手に使いながら、冷えから身体を守っていきましょう。

日中でも保湿を心がける

オフィスにいる日中の時間は、エアコンなどで肌がカラッカラに乾燥します。

本来であれば、メイクを取りスキンケアで保湿をしたいところですが、働く女性にとってはなかなかむずかしいです。

日中でも簡単にできる乾燥対策として、こまめに水分を取る、机で加湿器を使用する、ミストタイプの美容成分が配合された化粧水で水分補給、持ち歩きができるフェイススチーマーを使うなどがあります。

余分なテカリを押さえる

夕方の肌は蓄積された皮脂でテカっています。

テカった状態をそのままにすると、酸化によって毛穴の黒ずみになる可能性があります。

テカリが気になったら、あぶらとり紙やティッシュで軽く肌を押さえるなど、こまめに余分な皮脂をオフしましょう。

皮脂の取り過ぎはバリア機能が下がり、皮脂が増えてしまうことがあるので注意が必要です。

また、皮脂の増加はメイクも崩れています。そんな時には、血色感をアップさせるための簡単なメイク術が効果的です。

おすすめアイテムには、肌が自然な明るさに見えるピンク系のファンデーション、発色がきれいなチーク、肌色を明るく見せるリップなどがあります。

肌の透明度が上がるポイントメイクを意識してみましょう。

くすみ予防は朝のスキンケアから始まる

朝は時間がないためスキンケアは適当にパパッと済ませている、このような女性も多いのではないでしょうか。

夜はもちろん、朝のスキンケアを丁寧にしっかりと行うと、日中の肌をどこまでキープできるかが決まり、くすみが軽減できます。

洗顔

スキンケア化粧品の浸透力をアップさせるため、朝も洗顔フォームを使って優しく洗いましょう。

肌にダメージを与えるような強い洗い方は、乾燥につながる恐れがあります。

朝に洗顔フォームを使うのは顔がカピカピになるので避けたいという人は、敏感肌タイプのものや、赤ちゃんでも大丈夫な弱酸性のものを使いましょう。

洗顔フォームは、肌を擦らない泡洗顔で、正しい使い方を心がけることが重要なポイントです。

そんな泡洗顔のなかでも、クレイリッチフォームはくすみにも効果が高くおすすめです。

クレイリッチフォームの効果的な洗顔方法

保湿

朝は肌がベタつくからと化粧水のみのスキンケアをしていると、夕方には肌から水分が抜け切った状態になります。

また、乳液の量が少なすぎることも肌が乾燥しやすくなるので、朝のスキンケアの徹底は重要です。

化粧水は手の温度でハンドプレスして浸透させるようにつけ、朝にもハリのある美容液を使うのが効果的です。

朝のスキンケアでは、たっぷりの化粧水+美容液+乳液やクリームと、保湿力を高める念入りな保湿を心がけましょう。

このほかにも、ベースメイクとして、化粧崩れしやすくシワも気になる目元には、コンシーラーを薄く塗りカバー力をあげましょう。

セルフケアでくすみ知らずの肌へ

年齢と関係なく起きる夕方のくすみは、肌に良い環境をつくっていくと良い循環ができ、解消への兆しが見えてきます。

そのためには、朝からの地道な予防ケアが肝心です。

くすみを隠すため、くすんだ状態の肌にファンデーションを塗り重ねする人もいますが、これはただの厚塗りになり老けた印象にもつながります。

まずはくすみの原因を知って、それに見合った対策で、朝と変わりのない一日中きれいな肌を目指していきましょう。


美肌の理由は「りんご」にあった!知らなきゃ損する驚くべき美容効果

いつまでもきれいな肌でいたいと思う反面、年齢を重ねていくにつれて、隠すことができなくなるシミやシワ。

肌の老化を防ぐために、さまざまな努力をしている人もいることでしょう。

そんな悩みの改善に効力が高いと人気なのが「りんご」。

実は「りんご」には、美しい肌になれるという女性たちにうれしい効果があるんです。

そこで今回は「りんご」に秘められた、美容効果についてご紹介します。

「りんごポリフェノール」の力が美肌をつくる

りんごには、美容に効果のあるさまざまな成分が含まれています。

ポリフェノール、ビタミンCやカリウム、ペクチンなどの成分は、特に肌の悩みを抱えている人にはおすすめなフルーツです。

ペクチンは、腸の働きに有効な善玉菌を増殖させて、老廃物の排出をスムーズする食物繊維を豊富に含んでいます。

腸内環境改善はとても大切とされ、腸の働きが正常でないと便秘になり、体に溜まった老廃物が吹き出物となって皮膚に出てきてしまいます。

また、カリウムはむくみを解消して、クエン酸やリンゴ酸は新陳代謝を活発化させる働きにより、疲労回復に効果的です。

なかでも注目してほしい、もっとも美容効果が高いと言われているのが「りんごポリフェノール」。

「りんごポリフェノール」という成分は聞きなれない栄養素ですが、1個のりんごには、約200mgの数種類ものポリフェノールが含まれています。

ほかの果物と比較しても、複数のポリフェノールをもつことはめずらしく、優れた抗酸化力で肌の悩みにアプローチしてくれます。

それでは、りんごに含まれているポリフェノールは、いったいどのようなものがあるのでしょうか。

【ポリフェノールの種類】

プロシアニジン、カテキン、エピカテキン、ケルセチン、クロロゲン酸、アントシアニン

ポリフェノールのなかでもプロシアニジンは、いくつかのカテキンとの共存で、より強力な抗酸化作用があります。

りんごはたくさんのポリフェノールが入っていることから、「りんごポリフェノール」と呼ばれています。

シミ・シワを改善する抗酸化作用

ポリフェノールの抗酸化作用には、シミやシワなどの原因ともなる活性酵素を取り除いて、肌の老化を抑制するアンチエイジング効果があります。

老いの原因をつくる活性酵素は、体内に侵入したウイルスを攻撃して、細菌から体を守ってくれる働きをもっています。

ですが、食生活などが乱れたり、紫外線やストレスによって活性酵素が増加すると、細胞にダメージを与えて老化の速度を速めてしまいます。

つまり、人も金属と同じように酵素の影響で体がサビ、シミやシワといった老化につなげてしまうのです。

抗酸化作用による美白効果

りんごポリフェノールの抗酸化作用によって、シミやシワを予防することで、健康的な美しい白い肌へと導くことができます。

シミやそばかすの原因にもなるメラニン色素は、紫外線の影響で起こり得る肌のトラブルから守る働きがあります。

しかし、加齢によって肌のターンオーバーが乱れると、メラニン色素は古い角質と一緒に皮膚に蓄積して、シミやそばかすをつくってしまいます。

りんごポリフェノールは、活性酵素とメラニン色素が過剰に生成されるのを防ぎ、美肌の敵となるシミやシワに効果的な美容成分と言えるのです。

熱に強く壊れにくい「酸化型ビタミンC」

きれいな肌に、ビタミンCの摂取は必要不可欠な栄養成分です。

ビタミンCは肌のハリに大切なコラーゲンをつくり、美容の面でも重要とされています。

しかし、通常のビタミンCは熱に弱いという弱点と、時間が経つと成分が破壊されてしまうという性質があります。

ところが、りんごに含まれているビタミンCは、ほかの食べ物とは異なる「酸化型ビタミンC」と言われ、加熱や時間が経過しても破壊されにくくなっています。

そのため、体にしっかりと吸収して働くビタミンCです。

このように、りんごはポリフェノールをはじめとして、肌に絶大な効果を発揮します。

そんな肌に喜ばしいりんごのなかでも、奇跡の腐らないりんごの成分を利用した「リンゴ幹細胞」のスキンケアアイテムが、今では多く開発されています。

「リンゴ幹細胞」がもつ肌の若返り効果

「リンゴ幹細胞」とはどのようなものなのか、初めて聞くという人もいるかもしれません。

りんごの種類は数多く存在しますが、長期保存しても味の質が落ちず、4ヵ月放置しても腐らない奇跡のりんごがあります。

スイス原産のウトビラー・スパトラウバーという種類で、食用として使うのは酸味がとても強いことから、長い間親しまれていませんでした。

けれども、この種類には、普通のりんごは黒く酸化するのに対し、腐らないように自分の細胞を自己再生する栄養素が含まれています。

ウトビラー・スパトラウバーの効果が肌にも期待できるのではと研究し、新鮮度を維持できる抗酸化力を探った結果、たどり着いたのが「リンゴ幹細胞」。

化粧水や美容液、洗顔料などのスキンケアアイテムには、この腐らないりんごの実から幹細胞を抽出して人工培養させた、「リンゴ果実培養細胞エキス」が配合されています。

「リンゴ果実培養細胞エキス」を使用した洗顔料

「リンゴ果実培養細胞エキス」のスキンケアを使うことにより、肌のキメを整え、若々しい肌への効果が見込めます。

また、抗酸化力から、肌のターンオーバーを正常にし、目元や目尻・ほうれい線などの表情ジワ、肌質やくすみの改善、肌の新陳代謝を促すといった肌の変化を実感することができます。

「りんご」は肌美人への第一歩

りんごは、普段のケアのみでは改善されにくいシミやシワなど、体の内側から肌の悩みをサポートする優秀な食材です。

さらに、リンゴ幹細胞が配合されたスキンケア製品をプラスすることで、皮膚の再生能力がアップし、老化にも負けない肌を目指すことができます。

今まで肌トラブルがなかなか解消されなかったという人も、りんごの美容効果で生まれ変わった肌を手に入れましょう。