果物はビタミンCがたっぷりなことから「ビタミンC=肌に最適」と真っ先に思い浮かぶ人が多いことでしょう。

ビタミンCのなかでも、グレープフルーツは1年中売られているので、毎日デザートとしても手軽に摂ることができます。

ところが、グレープフルーツは美肌への働きの一方で、食べる時間に大きな落とし穴があり、シミやシワができやすくなる場合があるんです。

そこで今回は、グレープフルーツと肌の関係についてご紹介します。

グレープフルーツはきれいな肌作りに効果的

グレープフルーツは1個食べるだけで、必要摂取量が補える優秀な食べ物です。

グレープフルーツにはビタミンCが豊富に含まれているため、シミやシワ、そばかすを防止し、美白へ導くといった肌をきれいにする働きがあります。

ビタミンCの特徴である抗酸化作用は、コラーゲンの生成を助けて、シミやシワ、肌のくすみやたるみなど、すべての肌トラブルの原因となる体内の活性酵素を排除します。

また、メラニンを作り出すチロシナーゼの働きを抑えて、美白サポートも期待できます。

抗酸化作用は美肌作りには欠かせないものですが、実はグレープフルーツ以外に、りんごにも多く含まれています。

りんごポリフェノールによる美肌効果

それほどグレープフルーツが美肌に効果があるのであれば、毎日朝食代わりに摂り入れようと思っている人や、すでに行っている人もいるかもしれません。

しかし、グレープフルーツは見極めたタイミングでの摂取が重要で、肌を老化へと追い込む恐れもあります。

朝ご飯にはNGなグレープフルーツ

果物は、ビタミンのたっぷりさとヘルシーさで肌にも良いことに加えて、エネルギーにもなりやすいので、朝ご飯にピッタリと思っている人も多いのではないでしょうか。

実は果物には、光を浴びることで肌にダメージを与えてしまう光毒性物質「ソラレン」が含まれているものがあります。

この肌の大敵ともなる「ソラレン」は、果物のなかでグレープフルーツが一番多いと言われています。

「ソラレン」は紫外線に弱いので、日焼け止めや紫外線対策をしても、紫外線の吸収率には追いつけずに肌を守りきれなくなります。

つまり、「ソラレン」を摂取してから紫外線に当たると、肌にかゆみや赤みが出たり、シミやシワをつくってしまう可能性があるのです。

「ソラレン」のこの働きは、摂取して2時間ほどでピークをむかえ、7時間は持続するので、排出までは時間がかかります。

グレープフルーツは食べる時間帯さえ気をつければ何の問題もありません。

朝ご飯にグレープフルーツを食べてしまうと、日差しを浴びる時間から、通常よりも紫外線を肌に浴びさせることとなるので要注意です。

グレープフルーツは夕方から夜に摂ることで、美白や美肌へ存分に効果を発揮します。

グレープフルーツはスキンケアでも大活躍

グレープフルーツは皮から抽出した精油、「グレープフルーツ果皮油」としても肌に良い効果を生んでいます。

アロマテラピーの精油は、美容や保湿、エイジングケアの効果も高いので、洗顔料や基礎化粧品、アロマオイル、ハンドクリーム、頭皮ケアアイテムなどと、さまざまなスキンケア用品に配合されています。

また、「グレープフルーツ果皮油」は肌のほかでも優位に働きます。

グレープフルーツの香料成分リモネンによって、心と体をリラックスさせる効果や、血液の巡りを良くすることでむくみやセルライト対策にも有効です。

グレープフルーツ果皮油のリスク

グレープフルーツの果実には、光毒性のソラレンが含まれているとお伝えしましたが、もちろん、アロマオイルなどの精油にも含まれています。

果皮には「フラノクマリン」という光毒性成分があり、安全性が不安視されます。

ただし、グレープフルーツ果皮油が光毒性をもたらす精油濃度は4%に対し、通常で使う精油濃度は1%以下なので、過度に心配する必要はありません。

グレープフルーツは成分を理解して上手に付き合おう

グレープフルーツは栄養価も高く、肌美人になるためのサポートにも非常に効力があります。

特に女性は、美肌のためにと1日の始まりの朝食に、グレープフルーツをそのまま食べたり、ヨーグルトやスムージーにする人もいます。

しかし、朝食で摂ったあとに外出すると、美肌どころか紫外線の感受性を高めて肌の老化を促してしまいます。

美肌キープには、グレープフルーツに含まれた成分の働きをしっかり理解することが大切です。

スキンケア商品からもチャージして、外側からも内側からもきれいになりましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です