多くの女性は、朝・夜と洗顔フォームで皮脂や汚れを取り除きながら顔を洗っていることと思います。

ところがそのなかには、「30代になってからニキビができやすくなった」「乾燥が悪化した」などと感じている人も少なくないようです。

もしかすると、その肌トラブルの原因にあるのは、洗顔フォームでの洗顔にあるかもしれません。

洗顔方法の1つと言える水だけ洗顔は、肌質にもよりますが、肌本来の美しさを引き出す美容法でもあります。

そこで今回は、きれいな肌になるために知っておきたい、水だけ洗顔の魅力と行うタイミングについてご紹介します。

水だけ洗顔がもたらす肌に優しい効果

洗顔フォームを使わず、ぬるま湯で洗い流す水だけ洗顔。

水だけの洗顔は、洗顔後のケアも控える必要があり、逆に肌荒れしそうと不安に思ってしまう人もいるでしょう。

肌に負担をかけない水だけ洗顔は、効果的な方法でもあります。

肌本来のターンオーバーを活発化させる

肌はターンオーバーという生まれ変わりにより、表面の古い角質を新しい肌へ押し出す再生力をもっています。

しかし、洗顔フォームなどの刺激が加わると肌のターンオーバーが乱れて、古い角質で毛穴をふさぎ、肌荒れが起こりやすくなります。

肌は本来、自らの力できれいになろうという治癒力が備わっているため、洗浄力の弱い水だけ洗顔であれば、肌のターンオーバーが活性化され、自然再生力と治癒力の高まりから美しい肌を保つことができます。

皮脂の過剰分泌を避ける

皮脂には肌表面を守る役割があります。ところが、洗顔フォームでの洗顔は、必要な皮脂まで洗い流してしまう可能性が高いことから、肌の油分が奪われてしまいます。

そして、必要な皮脂を補おうと急いでたくさんの皮脂が分泌されると、ニキビや肌荒れなど、肌トラブルの要因につながります。

水だけの洗顔であれば、肌にとって余計な皮脂だけを洗い流すことができるため、必要な皮脂は逃げずに潤いをキープします。

乾燥肌と敏感肌の改善に働きかける

水だけの洗顔方法は、上記で述べたような効果から向いている肌タイプがあります。

乾燥肌

肌が乾燥する人は洗顔フォームで洗うと、皮脂の落としすぎにより肌の潤いがなくなります。

また、乾燥はニキビをつくる原因にもなり、洗顔後の肌のつっぱりも洗いすぎによるものです。

水だけ洗顔なら、必要最低限の潤いは残したまま乾燥を防ぐことができます。

敏感肌

肌が敏感な人は乾燥も起きやすく、洗顔フォーム自体の界面活性剤などが肌に刺激となり、肌荒れがひどくなるケースがあります。

水だけ洗顔であれば、洗顔フォームの影響による刺激や摩擦による刺激もほぼないので、肌への負担が軽減されます。

このように水だけの洗顔は、洗いすぎを防いで、肌の水分量と油分量を適切に維持することができ、刺激から肌を守ります。

肌質に対して、洗顔フォームを使用しての洗顔では得られないメリットがあるのです。

水だけ洗顔は朝だけ、夜は洗顔フォームで洗浄

水だけの洗顔が肌にいいと言っても、すべての洗顔を水だけにするのは逆効果になってしまいます。

肌にはバリア機能を高め、皮膚に良い作用をもたらす、美肌菌が存在しています。

美肌菌を増やすには洗いすぎないことが大切ですが、反対に毛穴や角層に汚れが残っていると、雑菌が繁殖して美肌菌が減ってしまう恐れがあります。

つまり、日中に蓄積された余分な皮脂や汚れは、洗顔フォームできちんと落とすことが必要とされます。

特に女性は、メイク汚れが肌に残りやすいこともあるので、クレンジング料でよく落として肌ケアに努めるようにしましょう。

洗顔でのスキンケアは、美肌菌の増えやすい環境をつくるため、朝は水だけの洗顔、夜のみ洗顔フォームを使った洗顔が適しています。

また、水だけ洗顔を始めてすぐは、肌がいきなりスキンケア用品を使わないことに慣れておらず、リバウンドと呼ばれる好意反応を起こすことがあります。

リバウンドは、角質やかさぶたがポロポロと剥がれ落ちていく症状が見られますが、あくまで一時的なものです。

むしろこれは、肌質がつるんと生まれ変わっている証拠とも言えます。

症状がひどい時には皮膚科医に相談したほうがよいですが、あまり心配しすぎないようにしましょう。

洗顔は毎日の肌に最適なクレイリッチフォームを使おう

洗顔フォームでの洗顔は、水だけでは落ちない汚れをしっかり洗い流しながらも、肌に刺激を与えない潤いのあるものを選ぶのが的確です。

そんなすべての条件を備えているクレイリッチフォームは、洗顔の基本となる泡立ちも良く、弾力のある特別な泡がやさしく落として潤いをキープする特徴をもっています。

クレイリッチフォームは良いものは残して悪いものだけを落とすという、おすすめな洗顔フォームなんです。

しっかり落として潤いはそのまま残すクレイリッチフォーム

洗顔習慣を見直して肌を整える

水だけ洗顔は、洗顔フォームやスキンケア用品を使ってケアしてきた人にとっては勇気のいるお手入れ方法です。

肌は洗いすぎると弱くなったり、些細なことでも敏感になりやすく、水だけ洗顔が肌に合わない人もいます。

また、水だけ洗顔が肌に慣れるまでにも時間がかかり、ある程度続けなければ効果もなかなか実感できません。

ですが、日頃のケアで肌トラブルが改善されにくい人は、コツコツと習慣づけることで肌状態の回復が見込めます。

水だけ洗顔を行う場合は、自分の肌質と向き合いながら実践しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です